2019年11月16日土曜日

「今日は土曜日!風蘭見せちゃん」です。 「今日は土曜日!風蘭見せてね!」風蘭業務来室2名。珍品風蘭鑑賞。蘭談議。司法書士業務登記・法律相談。風蘭の紹介は「K31建国縞」と「ミドリ亀」と「福四ちゃん」です。

「今日は土曜日!風蘭見せてね!」風蘭業務来室2名。珍品風蘭鑑賞。蘭談議。司法書士業務登記・法律相談。風蘭の紹介は「K31建国縞」と「ミドリ亀」と「福四ちゃん」です。

「今日は土曜日!風蘭見せてね!」


アメブロに移行しました(https://ameblo.jp/fuurannomura/)です。

日本村ブログに参加します。
ランキングアップにご協力くださいませ。
  ご支援ありがとうございます!!こちらをクリックお願いします。
イメージ 1
令和元年11月16日(晴れ)
 風蘭業務では、今日は愛好家の来室が2名あり、風蘭の珍品とパソコンの記録写真も鑑賞もしてくれてました。棚の管理方法や冬の寒さ対策についての話題で蘭談議が弾みました。

 司法書士業務は、相続登記の打ち合わせと法律相談がありました。

 風蘭の紹介「K31建国縞」と「ミドリ亀の福太郎」と「福四ちゃん」です。

まず、本日の愛好家が熱心に鑑賞した「K31建国縞」です。 

少しアップしてみます。年年と芸が良くなってます。
離れていても、芸は分かるようになってますよね。

裏からもアップしてます。

上からもアップしてます。親の柄も進んでいます。
親木を更にアップします。
次ぎに子供もアップしてみおます。
各葉の芸が良くなっているので、アップしてみます。
どの葉も中透けになりつつあり、楽しみな木になっています。



出てくる子供にもその気配がします。


次は「ミドリ亀」です。
「福太郎と申します!ここにお邪魔して44年にもなります!宜しくね!」今年も朝夕が寒くなりましたので、昨日自宅内で冬眠になりました。昨年は11月18日でしたが、今年は少し早いかな?
少しアップします。
小学生や来室・来室のお客様からもお別れになります。

次は、黒猫の「福四ちゃん」です。

「本棚の上から室長のブログ応援のお願いです!」
こんなところからお願いします。
「室長のブログ日記のポチ応援も宜しくね。」
日本村ブログに参加します。
ランキングアップにご協力くださいませ。
  ご支援ありがとうございます!!こちらをクリックお願いします。
イメージ 1

最後まで、御覧になって頂き有難うございます。 

このページの右上の「らん園芸」「にほんブログ村」をポチ願います(スマートホンの方はウエブバージョンを表示して下さいませ。)。 ブログ作成の励みになります。

2019年11月15日金曜日

「今日は坂本龍馬の誕生日であり命日ですね!」「風蘭の龍馬を見せてね」今日は土曜日。風蘭業務は来室1名。「龍馬」の鑑賞。蘭談議。司法書士業務では登記と法律相談。風蘭の紹介は[龍馬]と「福四ちゃん」です。

「今日は坂本龍馬の誕生日であり命日ですね!」「風蘭の龍馬を見せてね」今日は金曜日。風蘭業務は来室1名。「龍馬」の鑑賞。蘭談議。司法書士業務では登記と法律相談。風蘭の紹介は龍馬。

アメブロに移行しましたhttps://ameblo.jp/fuurannomura/)です。

日本村ブログに参加します。

ランキングアップにご協力くださいませ

 ご支援ありがとうございます!!こちらをクリックお願いします。

イメージ 1

令和元年11月15日(晴れ)

「今日は坂本龍馬の誕生日であり命日ですね!」「風蘭の龍馬を見せてね」

蘭業務は来室1名あり、龍馬等の高知県産の珍品を鑑賞してくれてり、。蘭談議に花を咲かせました。また、司法書士業務は相続登記と法律相談も有りました。
風蘭の紹介は龍馬です。
最初に昨日の高知新聞の朝刊の記事です。
そこで、当研究室では、風蘭の龍馬を紹介します。

最初に「風蘭の龍馬の説明」です。

龍馬(りょうま)仮名(高知県吾川郡吾川村産)新葉はクリーム色で出て眩むが、白縞や墨を出す葉もあり、地合いは縦しわを表し、葉先が船底型の豆葉も出す木もある。最初は少し金紗墨に似ている木(無銘)として入手していたが、同じ場所から採取された同じような芸の木に、「龍馬」と仮名が付けられており、この木は「龍馬の親」として紹介してきました。この木の姿が平成4年に自然と野生ラン誌4月号「南国土佐の風蘭」を掲載した(24ページ)Ⅱ柄物(3)その他⑦無銘で掲載しております。

 高知県吾川産の仮銘「龍馬(りょうま)」です。

風蘭の龍馬です。


 少しアップします。

 裏からもアップしてみます。
 方向を変えてアLプします。
 次ぎに子供をアップします。
  更にアップしてみます。



次に記録写真写真の龍馬もアップしてみます。
一昨年前に四国富貴蘭会の交換会で入手した「龍馬の縞」です。





次にここで最初から栽培している「龍馬」を紹介します。

風蘭の龍馬です。

少しアップします。
更にアップしてみます。
からもアップしてみます。
横からもアップしてみます。
上からアップしてみます。
根もアップしてみます。根にも墨がはしってます。
もう一度正面からです。

次に記録写真から龍馬の花をアップしてみます。

次にこの龍馬は野村風蘭研究室のホームページ(http://www.fuuran.jp/)の写真館(自慢の風蘭)に掲載しています。
 http://www.fuuran.jp/jiman_ryouma.html

次に桂浜の坂本龍馬の銅像を建立に発起・先頭に立った入交好保氏の「龍馬読本」です。

高知県吾川産の仮銘「龍馬(りょうま)」です。風蘭の龍馬です。
最初に黒猫の福四ちゃんが「私と一緒に龍馬を紹介してね!」と言ってました。
 では、龍馬です。
 少しアップします。
 更に裏からアップしてみます。天葉に縞が確認できます。左の葉元をご覧くださいませ。付け元から葉先に下半分斑が確認できます。
次に子供もアップしてみます。子供の天葉にも墨と白縞が見えます。左の下葉にも縞が確認できます。
 角度を変えてアップします。ことらにも葉縁等に縞が見えます。

「龍馬の縞」です。
 角度を変えてアップしてみます。
 更に角度を変えてアップしてみます。
 裏からもアップしてみます。
 中央の子供に鮮明な縞が見えます。
次に記録写真から龍馬の花をアップしてみます。
次に桂浜の坂本龍馬の銅像を建立に発起・先頭に立った入交好保氏の「龍馬読本」です。

 風蘭の紹介は、「自然と野生ラン誌の平成4年4月号『南国土佐の風蘭』(続編)」とその「龍馬」と「来室者の様子」と久しぶりの「朝の散歩の様子」を紹介します。

まず、26年前の平成4年4月に撮影して紹介した⑦無銘の風蘭です。
 23年経った現在もそのままで、「龍馬(りょうま)」と仮銘が付いております。
上の写真と見比べてくださいませ、龍馬は年をとってますか?

現在の木を アップしてみます。上の雰囲気が残っています。

なお、 この龍馬は野村風蘭研究室のホームページ(http://www.fuuran.jp/)のトップページから写真館に入ってください。自慢の風蘭の中に詳しく掲載しています。
 http://www.fuuran.jp/jiman_ryouma.html

「福四ちゃん」です。
「あんな高いところの紐を取れって?」
「じゃ!見ていてね!」
 「紐を咥えて落とすよ!」
「なかなか落ちないよ!」

 「室長!成功した私に拍手して!写真撮るの忘れたって?」

「残念でした!そんなうっかりの室長のブログ応援頼みます。」

最後まで、御覧になって頂き有難うございます。 

このページの右上の「らん園芸」「にほんブログ村」をポチ願います(スマートホンの方はウエブバージョンを表示して下さいませ。)。 ブログ作成の励みになります。